和歌山城の歴史

(1)和歌山城の築城

天正てんしょう13年(1585)、羽柴(豊臣)秀吉はおよそ10万の軍勢を率いて雑賀衆さいかしゅう根来衆ねごろしゅうを攻め、紀州を平定しました。秀吉は弟の秀長に、虎伏山とらふすやま(岡山)への築城を命じ、和歌山城が創建されました。

秀長は大和郡山やまとこおりやま城に入ったため、秀長の家老となった桑山重晴しげはるが城代として和歌山城に入ります。秀長家が途絶えると、桑山氏が城主となりました。豊臣・桑山期の縄張は不明確ですが、山麓部分や岡口の整備が行われたと考えられます。

慶長けいちょう5年(1600)、桑山氏は大和へ移封いほうされ、関ヶ原の戦いで戦功があった浅野幸長よしながが城主となりました。浅野氏は城の大規模な改修・城下町の整備を行いました。黒板張りの連立式天守閣が建てられ、現在の本丸・二の丸・西の丸に屋敷が造営されました。

さらに大手を岡口門から一の橋の門へと変更し、外堀を掘削して外郭(徳川期の「丸の内」)の整備も進められました。大手筋の本町通りを基軸とする正方位の町割りが施され、近世の城と城下町の基本的な枠組みが浅野期に形成されました。

(2)紀州徳川家の居城となる

元和げんな5年(1619)、浅野氏は安芸あき(現在の広島)へ転封てんぽうとなり、徳川家康の10男である頼宣よりのぶが入国します。紀伊国37万余石に伊勢国17万余石を加えた55万5千石を拝領し、御三家の1つとなる紀州徳川家が誕生しました。

和歌山城はさらに増築・拡張され、西内堀の一部を埋め立てて二の丸を拡張し、砂の丸・南の丸の造成が行われました。紀州徳川家は西日本を監視し、江戸と大坂・京都を結ぶ航路を確保するという重要な役割を担うこととなり、8代将軍吉宗、14代将軍家茂いえもちを輩出しました。

天守閣は当初黒板張りでしたが、寛政かんせい10年(1798)、10代藩主治宝はるとみにより白壁に改められました。弘化こうか3年(1846)、落雷により天守閣は焼失してしまいますが、御三家ということで特別に再建が認められ、嘉永かえい3年(1850)にほぼ元通りに再建されました。

和歌山御城内惣御絵図

歴代城主の家系図

(3)廃藩置県後の和歌山城

明治4年(1871)の廃藩置県により、和歌山藩知事に任命されていた14代藩主徳川茂承もちつぐは職を免ぜられ東京に移住し、和歌山藩は消滅しました。和歌山城は政治の拠点ではなくなったのです。城地は兵部省ひょうぶしょう(のち陸軍省)の管轄となり、城内の建物は徐々に破却・移転されていきます。

明治21年、西の丸に和歌山中学校が移転してくるなど、城地は様々な方面で利用されるようになり、明治34年には城地を借用した和歌山県が和歌山公園を設置しました。明治45年には和歌山市に払い下げられ、大正4年(1915)から5ヶ年で大規模な公園整備が行われるなど、徐々に公園としての体裁が整えられていきました。

他の建物が移転・破却されていったなか、天守閣は残され続けており、市民にも公開され、和歌山市のシンボルとなっていました。昭和10年(1935)、旧国宝に指定されましたが、惜しくも昭和20年の空襲で焼失してしまいました。

和歌山城の歴史 略年表

1585(天正13)年
羽柴秀吉が弟の秀長に命じ、岡山(虎伏山)の峰に和歌山城を創建
1600(慶長5)年
浅野幸長が37万6千石の領主となり、連立式天守閣の造営、本丸・二の丸・西の丸への屋敷造営、大手変更など城の大規模な増築を行う
1619(元和5)年
徳川頼宣が55万5千石の領主となり、紀州徳川家が成立
1621(元和7)年
幕府より銀2000貫を賜り、二の丸の拡張、砂の丸・南の丸の造成などを行う
1798(寛政10)年
10代藩主治宝により、黒板張りの天守閣が白壁に改められる
1846(弘化3)年
落雷により天守閣が焼失
1850(嘉永3)年
天守閣がほぼ元の通りに再建される
1871(明治4)年
廃藩置県により、和歌山城は兵部省(のち陸軍省)の管轄となる
1888(明治21)年
和歌山中学校が西の丸に移転
1901(明治34)年
城地を借用した和歌山県が、和歌山公園を設置
1912(明治45)年
和歌山市に払い下げ
1915(大正4)年
本多静六の設計を基に、5ヶ年で大規模な公園整備が行われる
1931(昭和6)年
国の史跡に指定される
1935(昭和10)年
天守閣が旧国宝に指定される
1945(昭和20)年
空襲により、天守閣が焼失