和歌山城の歴史

築城の物語

 雑賀衆の時代


中世後期の和歌山平野では、雑賀衆と呼ばれる地縁的共同体が自治をおこない、戦国大名は生まれなかった。彼らは海運や漁業、農業などにたずさわりながら、鉄砲などの武器を使いこなし、傭兵としても活躍した。

 和歌山城の創建


天正13年(1585)、紀州を平定した羽柴秀吉は、弟の秀長に命じて紀ノ川河口部の「岡山」(現在の虎伏山)に城を築かせた。これが和歌山城の始まりである。その後、秀長は郡山城(奈良県大和郡山市)に移り、家臣の桑山重晴が和歌山城代となる。

 城と町の整備


慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いの後、浅野幸長が37万6千石で紀伊に入国し、和歌山城主となる。浅野氏は連立式天守を建て、現在の本丸・二の丸・西の丸に屋敷を造営。大手門を岡口門から一の橋の方面に移し、本町通りを大手筋として城下町を整備した。

 紀州徳川家の成立


元和5年(1619)、徳川家康の10男頼宣が55万5千石を拝領し、紀州藩が成立する。頼宣は二の丸を西に広げ、砂の丸・南の丸を新たに造成した。
紀州徳川家は、尾張・水戸とともに「御三家」と呼ばれ、8代将軍吉宗、14代将軍家茂を輩出した。

 歴代の城主




 年表

時代・年号
安土桃山時代
1573~
桑山期 1585
(天正13)
秀吉の命で虎伏山に築城開始
1586
(天正14)
秀長の城代桑山重晴在城する
1596
(慶長元)
桑山一晴城主となる
浅野期 1600
(慶長5)
関ケ原の戦いの功により浅野幸長37万6千石を領して入城
江戸時代
1603~
1613
(慶長18)
幸長が没したので舎弟長晟が城主となる
徳川期 1619
(元和5)
徳川家康の第10男頼宣駿府から紀州勢州を加え55万石5千石を領して入城(初代)
1621
(元和7)
江戸幕府より銀2000貫を賜り、城の改修に着手
1629
(寛永6)
南の丸櫓台、吹上口石垣を普請
1655
(明暦元)
家臣屋敷からの出火で二の丸。西の丸などが焼失
1798
(寛政10)
天守閣を黒板張りから白壁に改める
1846
(弘化3)
天守閣が落雷で焼失
1850
(嘉永3)
天守閣が再建される
1867
(慶応3)
紀州藩改革に際し奧祐筆の田中善蔵追廻門付近で殺される
明治時代
1868~
1869
(明治2)
藩政ならびに兵制の大改革を行い全国に率先して徴兵制に取り組む
1871
(明治4)
廃藩置県によって廃城となり和歌山藩を和歌山県と改称
本丸・二の丸、西の丸、南の丸、砂の丸は兵部省の所轄となる
1873
(明治6)
北島和歌山県令から和歌山城天守閣を20日間県区民に縦覧させる
1889
(明治22)
和歌山中学校が岡山から西の丸に新築移転
1898
(明治31)
和歌山兵隊司令部が雑賀屋町東の丁から二の丸に移転
1901
(明治34)
和歌山城内郭を和歌山公園として公開
二の丸に和歌山県物産陳列場が建設される
1908
(明治41)
二の丸に県立図書館建設される
1909
(明治42)
大手門倒壊
1912
(明治45)
和歌山公園は内務省から市立公園とするため和歌山市に払い下げを許可された
大正時代
1912~
1915
(大正4)
和歌山公園改良5ヶ年計画に着手
西の丸和歌山中学校舎を仮庁舎として七番丁から市役所が移転
1923
(大正12)
本丸御殿跡に上水給水場設置。大正14年6月完成
本丸御殿跡の「七福の庭」は松の丸に石組みを移す
1924
(大正13)
南堀埋立始まる
昭和時代
1925~
1931
(昭和6)
和歌山城が文部省から史蹟に指定される
1934
(昭和9)
西堀一部吹上橋跡を埋立て消防署を設置する
1935
(昭和10)
和歌山城天守閣が国宝に指定される
1937
(昭和12)
砂の丸に招魂社(護国神社)創建
1945
(昭和20)
戦災により天守閣が焼失
1958
(昭和33)
岡口門が重要文化財に指定される
一の橋樟樹、和歌山県より天然記念物に指定される
1960
(昭和35)
岡口門を解体修復する
1963
(昭和38)
二の丸に県立美術館開館
1968
(昭和43)
動物園改造工事に着手
1969
(昭和44)
二の丸広場整備工事に着手
1970
(昭和45)
童話園・水禽園を開園
1973
(昭和48)
西之丸庭園復元整備工事完了
1974
(昭和49)
西之丸庭園内に松下幸之助氏が茶室を寄付
1982
(昭和57)
大手門が再建される
1985
(昭和60)
西之丸庭園(紅葉渓庭園)が名勝に指定される
平成時代
1989~
1993
(平成5)
史跡和歌山城保存管理計画策定
1995
(平成7)
史跡和歌山城整備計画策定
2006
(平成18)
御橋廊下が復元される

> お城の動物園  > おもてなし忍者  > わかやま歴史館 歴史展示室  > 施設利用について  > 広域避難場所  > 整備基金へのご協力
個人情報の取り扱いについて免責事項について| リンクについてサイトマップアクセシビリティ

ホームページに掲載されている文書、情報及び写真等の著作権(一部を除く。)は和歌山市が有します。
営利/非営利にかかわらず、第三者が無断で使用することはできません。
和歌山市 和歌山城整備企画課 TEL 073-435-1044 E-MAIL wakayamajo@city.wakayama.lg.jp